地震に強い家

沼田建設の提供する耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を用いた家は、地震に強く、個別の構造計算のもとで建てられます。お客様が安心して楽しく過ごせる家を実現するためならば、私たちは努力を惜しみません。

地震列島日本には常に地震の危険が。
高い強度を持った‘’強い家‘’が必要

日本は世界でも有数の地震大国です。阪神・淡路大震災以降も、東日本大震災や熊本地震級の地震が何度も起きています。以来、「耐震性に優れた家づくり」への需要が高まっています。

木の温もりを残し耐震ながら性能を
引き上げたテクノストラクチャーの家

木造には木造の良さが、鉄骨造には鉄骨造の良さがあります。「木か鉄か」という選択肢では得られない、「木+鉄」で作るテクノストラクチャーの家が、快適さも強度も実現します。

木+鉄のオリジナル複合梁である
テクノビームで住まいの強度を高める

梁は住まいの構造の中でも最も荷重を受けるため、時間の経過とともに劣化します。テクノビームは通常の木製梁に鉄骨が組み込まれており、強靭な構造体を実現します。

木の切り欠きの少ないオリジナルの
接合金具を使い、接合部の弱点を強化

一般的な木の家は、部材を切り欠いてそれぞれを接合しますが、接合部が細くなるため建物の倒壊を招く危険も。テクノの接合金具を使えば、部材の強さを損なうことがありません。

合計5回にも及ぶ震度7の耐震実験を
難なく耐えきる驚異の耐久性

阪神・淡路大震災(震度7)と同じデータを使い、仕様を変えながら耐震実験を計5回実施。主要構造体や接合金具に損傷や変形は見られず、高い耐震性が実証されています。

構造計算

テクノストラクチャーの家づくりでは388項目ものチェックを行うことにより、構造的に負担がかかるほぼすべての部位の強度と全体のバランスを確保。一棟一棟、間取りが異なる木造一戸建て住宅にこそ構造計算が必要だと考えます。

法律で定められた仕様規定を大きく上回る、
388項目の強度チェック

一般的に行われる構造計算チェックは200項目程度ですが、テクノの家の構造計算は約2倍の388項目(多雪区域は440項目)。全ては強度を保証し、安心できる家をご提供するためです。

「テクノストラクチャー構造計算書」
「構造計算保証書」を作成・お渡し。

住宅のお引き渡し時に、「構造計算書」と「構造計算保証書」をお渡しします。構造計算書では、一棟ごとにシュミレーションされた構造計算の内容をご確認いただけます。

その他の利点

テクノストラクチャーの家の耐震性能の高さは、そのまま暮らしの豊かさに。

災害シュミレーションを実施することで、豪雪や台風等の自然災害にも強い構造になっています。

創蓄連携システムやHEMSのような先進技術と高い断熱性能により、快適・便利な暮らしを実現します。

一つひとつの部材の強度が高いので、空間をよりオープンにすることが出来るようになりました。

お問い合わせ

工事や建築に関するご相談・ご依頼は、お電話もしくは
メールにてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/平日8:00~17:00

メールでのお問い合わせはこちら