閉じる

推進工法

推進工法

推進工法Propulsion

SH工法・SHミニ工法の概要・特徴

SH工法(Seya’s Horizontal Method)及びSHミニ工法は水平ボーリング方式(二重ケーシング式)で鋼管を推進し、貫通後、管内に調整スペーサーを取付けた本管を布設し、空隙を充てんして目的に合った種々の管路を築造する工法です。
特徴として以下が挙げられます。


SH工法・SHミニ工法

01
軟弱地盤から祖石・巨石混じり土、岩盤迄、推進対象土質の適応範囲が広い。
02
既設マンホール、既設シールドトンネル等へ直接到達させることが出来る。
03
発進立坑では、通常支圧壁を必要としない。
04
調整スペーサーの使用により、布設本管の仕上がり精度が良い。
05
本管は、二重管構造(さや管方式)により漏水が無い
06
地中障害物(松・PC等の杭及び鋼矢板の存置された山留材)が切断できる。

ロックマンエース工法の特徴

特徴

ロックマンエース工法

幅広い適応土質:
滞水砂地盤、礫、玉石、転石、軟岩、硬岩、コンクリートなどの掘削が可能であり、複合地盤にも威力を発揮できる。
工期が短く経済的:
先導駆動式なので動力効率が良く、特殊ビットによるスピーディな掘進と作業工程が容易なことにより経済的である。
長距離推進が可能:
ロックマン工法の特殊ビットの耐力から考えて、硬岩Ⅱクラスで最大100mの掘進能力を有しており、岩級クラスが低くなるにしたがって長距離推進が可能である。
高い精度:
レーザーによる方向測定並びに修正が地上に設置された操作盤による連続監視と修正機構により即時可能となる。
最小スペースでの立坑:
発進立坑内の推進設備がコンパクトであり、到着立坑では掘進機の3分割回収を行うので立坑は最小スペースで可能となる。
低振動・低騒音:
立坑付近はトラッククレーン、排土運搬車、並びに小規模の地上設備なので低振動、低騒音での作業が可能となる。

土質適用条件

適用区分土質N値・礫径・一軸圧縮強度備考
普通土砂質土・粘性土N<5軟弱地盤については補助工法の検討が必要。
5≦N≦50
礫質土砂礫土0.3Dmm≧礫径
玉石混り石0.3Dmm<礫径≦0.7Dmm切羽崩壊の厳しい場合や玉石が転動する時は補助工法が必要。
転石混り石礫径>0.7Dmm
岩盤軟岩(I)δc≦40ルーズな互層部や地層境界部は部分的に補助工法の検討が必要。
軟岩(II)40<δc≦80
中硬岩80<δc≦120
硬岩(I)120<δc≦160
硬岩(II)160<δc≦200

パイプリターン工法の概要・特徴

土質の変化に応じた掘削途中のビット交換、既設管への直接接続など、従来工法では不可能な工事にも、広範囲に対応できます。
あらゆる土質、施工条件がクリアーでき、自動運転可能な掘削ロボット開発が夢でした。パイプリターン工法で、その夢に向かって一歩前進いたしました。このマシンの特徴は全土質・長距離・全方向の掘削に加え、地中での障害物などにも対応が可能で、自動制御システムにより運転操作も簡単な掘削ロボットという点です。これにより、推進工事はもちろんのこと基礎工事、法面工事、パイプルーフ工事など広範囲な施工が可能となりました。


パイプリターン工法

特徴1推進管はそのままで、掘削機が縮小・自走後退し、再挿入が可能

  • 土質に対応したビット交換・排土方式が選択できます。
  • 地盤改良が先導体内部より行えます。
  • トラブル時、管を抜かなくても良いので、環境に与える影響が少なくて済むようになりました。

特徴2小スペースの発進基地。到達立坑は不問

  • 最小寸法Φ2000mmの発進立坑(PR450)。(水平方向推進時)
  • 到達立坑は不要。既設管、既設人孔等への接続が可能。

特徴3全方向掘削が可能

  • 下向き、水平方向、真上、斜め、360°OK!

特徴4長距離掘削最大300mが可能

  • 電子機器の高機能化により、高精度な測量管理システムを実現。
  • リアルタイムに方向修正、精度管理が可能。

エースモール工法の特徴

エースモール工法

特徴1周辺環境に影響を受けない

  • 高深度での施工、また鉄道の軌道下越しや河川横断など、厳しい施工条件でも高精度な位置計測が可能です。

特徴2安全作業が可能

  • 路上での位置計測作業が不要なため、交通量の多い交差点などでも安全な作業が可能です。

特徴3連続検知

  • オペレーターの遠隔操作により、自動で連続計測を行うことが可能です。
    さらにNTTグループのFOMA網・フレッツ網を利用し、現場から離れた支援センターからの遠隔操作も可能です。

沈設立坑工法《PMP-Ⅱ》の特徴

沈設立坑工法《PMP-Ⅱ》

01第2世代の推進工法の立坑・マンホールの理想を追求した沈設立坑構築工法
02立坑とマンホールを兼用できるので工期の短縮が可能です。
03地表の部分にライナープレートで山留を行い、以下はコンクリートブロックをオープンケーソン工法で築造することで仮設費の低減が図られます。
04コンクリートブロックを沈設する工法であるため振動・騒音がなく静かな施工ができます。
05道路占用面積が小さくできるので経済的な施工が可能です。
06建設廃材の発生しない、環境にやさしい工法です。
07狭い道路スペースで施工でき、道路開放できます。
08コンクリートブロックは軽量であることから、小型クレーンで施工ができます。
09マンホールの体積が大きく、地下の安定性が高くなり沈下浮上がありません。又、空伏せ管工事も行なわない為立坑部と地山部の接点で菅が割れる事もありません。
10コンクリートブロックは遠心力製法で製造されるため、高強度で耐久性に優れます。
11供用開始以後の維持管理スペースが広く、また管渠の増設も非開削でこのマンホール内からの推進ができます。
12PMP−II工法はすべての管材の推進が可能です。

所属会員名

  • SHスーパー工法協会
  • ロックマン工法協会
  • エースモール工法協会
  • パルフォースモルタル工法協会
  • 沈設立坑協会(PMP-Ⅱ)

お問い合わせ先

詳しくはお問い合わせフォームまたはお電話にてご相談ください。

電話でのお問い合わせはこちら
TEL : 0233-22-6811
Eメールでのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お問い合わせ受付時間
月~金)8:00~17:00